キャッシングの基礎知識

キャッシングに関する基礎知識

キャッシングの基礎知識

キャッシングを利用する際は少し知識があるとより快適に利用する事ができます。利用する中でも少しずつ覚えていくと 良いでしょう。まず金利の上限ですが、これは元本と呼ばれる借り入れた金額の20%と定められています。

返済が遅れた 場合には遅延金というお金を支払う事になりますが、こちらの金利も20%となっています。基本的には大手の銀行や消費者 金融などはこの金利の範囲内で設定がされていますが、この金利を超える業者がある場合は違法業者です。

限度額は申し込み時に金融機関から設定され、その額の範囲内なら借り入れを行う事ができます。この額は最初は一定です が、返済を定期的に行い金融機関からきちんとした信頼できる方だという印象が付けば限度額はアップしていきます。

半年 ほど返済を滞りなく行っていると限度額を上げてもらえる事は多いです。一定期間返済を行ったら、あなたの方から相談する 事で応じてくれる事もあります。限度額を上げて欲しいと思ったら、申し込みの金融機関に問い合わせてみましょう。

キャッシングは銀行と消費者金融の二種類がありますが、この二つで大きく異なるのが借り入れ限度額の上限です。消費者 金融の場合は限度額は収入の3分の1までと定められています。これは総量規制と呼ばれる国の法律で定められており、この 法律を守らないと消費者金融は営業を停止させられてしまいます。

銀行の場合はこの総量規制の対象外となっており、収入の 3分の1以上でも借り入れを行える可能性もあります。ですが最初は消費者金融と同じく、数十万円からの設定になります。

申し込みをすると金融機関では審査が行われますが、その際には本人確認というものがあります。申し込みをした方が本当に 本人なのかどうか、不正な申し込みではないかという事を確認されます。金融機関も貸したお金が返済されないのは困るので こうした本人確認が行われる事できちんと利用する本人の確認を取っています。

あなたの携帯や職場に電話が来る事で本人 確認が行われますが、金融機関名などは伏せて個人名で電話がかかるため、プライバシーなどには配慮されています。