キャッシングの「総量規制」とは

「総量規制」ってなに?

キャッシングの「総量規制」とは

キャッシングに興味を持ったことのあるひとなら、いくつか耳にしたことのあるキャッシング用語というものがありませんか?

例えばブラックリスト、過払い金、利用限度枠などもそうでしょう。そして「総量規制」という言葉も、その中の一つかもしれません。

キャッシングで融資を受けられる額というのはそれぞれ異なります。以前は利用者が返せないほどの金額を借り入れてしまい、取り立てに追いつめられたり、自己破産したり、最悪なケースでは自殺をしたりしてしまう、といったことが大きな社会問題となっていました。

そこで貸金業法が改正され、「基本的に借り入れをする際は、年収などの個人の収入の三分の一まで」というルールが施行されたのですが、それこそが「総量規制」という事になります。

全てにこのルールに準ずるわけではなく、例外も存在しますが、一般的には「総量規制」に沿って融資が行われる事になるでしょう。

キャッシングは個人向け貸付、個人向け保証、法人向け貸付、法人向け保証という四種類の契約があり、総量規制が適応されるのは、一番最初のもの、「個人向け貸付」となります。個人が企業から融資を受ける際に関係するルールが、「総量規制」という事になるのですね。

この総量規制は一社から借り入れた時だけのものではありません。複数のキャッシング業者を利用されている場合も、全体を通しての「年収の三分の一」の借り入れしかできないルールになります。

もしも二社以上のキャッシング業者から融資を受けているケースでは、新規のキャッシングの際にこのルールの対象となりますので、借入金の制限を受けるか、もしかしたら契約内容の停止などになる可能性もあるようです。

融資している側の企業は、利用者の現状を確認しなければいけない決まりがありますので、指定信用情報機関で共有している個人信用情報をチェックし、他社から融資を受けていないか、多重債務で総量規制買いの金額になっていないかを調べる事になります。

たとえば年収の三分の一以上を借りようとして嘘の情報を申し込み時に提出した場合は、すぐにバレてしまう上に、融資を受けられなくなるリスクもありますし、偽造書類を提出したことが犯罪となってしまうこともありますので、提出書類には正しい情報だけを書くようにしてくださいね。